すぐに財布の中をチェック!古銭の種類いろいろ

ギザ10円玉や昭和62年の500円玉

古銭は古い時代の貨幣であり、硬貨や紙幣などの総称です。但し、古銭は現在流通が行われていない貨幣の事を意味しており、比較的新しい貨幣などには100円紙幣や500円紙幣、ギザ模様がついている10円硬貨、穴が開いていない5円硬貨や50円硬貨なども古銭に含まれています。 尚、古銭を売りたいと言った場合には、古銭買取りを行っている専門店に持ち込むことで、発行枚数が少ない貨幣については高価買取りが行われるケースが多く在りますし、ギザ10円硬貨や昭和62年に発行された500円硬貨などの場合、発行枚数が少ないなどの理由からもプレミアがつけられているなど、額面よりも高い金額で売ることが出来ると言ったメリットが在ります。

ギザ10硬貨が発行されていたのは?

10円硬貨は普段買い物をする時に利用している貨幣の一つですが、10円硬貨と言うのは常盤木がデザインされているもので、造幣局の中では平等院鳳凰堂が描かれている面を表面とし、年号の記されている面を裏面としています。 昭和27年から発行された硬貨であり、昭和26年の製造からが始まりになります。 また、昭和26年から昭和33年の間に製造された10円硬貨と言うのは側面にギザギザの模様が付いており、これをギザ10円硬貨などと呼ばれています。 古銭は発行枚数が少ない以外にも、ギザ10円硬貨などの買取りも可能で、お財布の中に在る10円硬貨などの中にはギザ10円硬貨が紛れ込んでいるかもしれません。 こうした硬貨などを専門店に持ち込むことで額面よりも高い金額で買取りして貰うことが出来ます。